2017年03月31日

日経中日加えると

IMG_20170316_123847.jpgこれまた、真っ二つを尖鋭化させますね。

整理しますと、読売、産経、日経が原発容認派。

朝日、毎日、中日が廃止派と区別できます。

このうち、日経は強く容認しているニュアンスではなく、条件付き容認という態度だろうか。

また、
毎日も強く廃止感を出しているわけではない表現かなと思いますね。

ネット利用か拡大し、なかなか紙の新聞の販路拡大が進まなく、むしろ部数減に悩まされている新聞業界。

しかし、我が国ではまだまだ紙新聞は維持される見込みでるりにして、その世論へぬ影響力はまだまだどうして、といったところでありましょうか。

新聞社数では3-3のタイで拮抗とした感じではありますが、それでは発行部数で見てみるとしますと。

容認派:
読売910万部、日経275万部、産経160万部

合計1345万部

反対派
朝日641万部、毎日305万部、中日系305
合計1251万部

いずれも、ウィキでの引用値でございます。

1345対1251万部で、容認派の僅差勝ちとなりますね。

容認派の大多数は読売グループが突出しているのに対して、

反対派は、派内で2-1-1の比率でありまして、やや分散傾向にある、といえます。

こうした議席配分も我が国の将来を考えるうえで結果を左右する要素となるでありましょうや。

はい、

---------ソンナキラクジャナイヤロ
posted by ミスターTR at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

読売産経vs 朝日毎日

IMG_20170303_153249.jpgなんですかね。

相変わらず真っ二つに分かれた論調を展開。

何がって。って?

関西電力原発の再稼働訴訟ですね。

前者は、判決を好意的に捉え、原発いけいけどんどん。後者チームは、不服の論調を展開。

りょうしゃは、延々と平行論調でいくんでしょうかね。

こうも解説たる大新聞が、真っ二つ状態を長年にわたり、主張し続けるのも、如何なもんでしょうね。

一度朝まで生テレビでいいので、新聞メディアでの大論争会をやったらどうですかね。

福島崩壊から早六年、おおかたいるんな材料は出尽くした感じがする。

裁判官が国の原子力政策の判断
することは、能力的にも妥当なのでしょうかね。
基本的に裁判は司法関係者は、文系。
科学自然技術分野のジャッジなんてできるのか。

法的にどうかとか、
憲法に違反しているかどうかとか、
そんなことくらいじゃないのかね。

むしろ新聞社専門家のほうが詳しく、判断に資するんじゃないだろうか。と。

新聞四紙による大討論会、
企画してくれないかね。

そこで議論を充分塾しせてから、
国民投票だよ。

EU離脱だって、トランプ政権だって、事実上、国民投票だから。

そうして未来を決めていきましょうよ。
posted by ミスターTR at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

過密はどっち?

IMG_20170221_195023.jpgなんだろうなと。
北海道新幹線、北陸新幹線延伸計画に伴いまして、東京〜大宮間の過密ダイヤの問題が挙げられているという。

そうだろうなと。

東京駅から北へは。東北北海道北陸上越新幹線、
西へは東海道山陽新幹線、

やっぱり大動脈は西へ向かう東海道山陽新幹線だろうと、思っていましたが。

東北北海道秋田新幹線組は、最長で17両編成で堂々の発車。

16両編成での東海道を既にシノイデイル風である。

しかながら、沿線風景などをみて明らかなように、家々が切れ目なく続いている東海道に対して東北方面は田園風景か森林山林が多いです。

それに、沿線人口は、静岡名古屋岐阜滋賀京都大阪神戸なのに対して、宇都宮福島仙台盛岡青森、秋田、高崎新潟、長野金沢。

圧倒的に人口も市場も東海道偏重に思えますが、。
方面の多岐は、東北上信越でしょうが。

列車密度は変わらないくりいなんだろうか。

そういや東京を発車すると、上野大宮までは徐行運転。

東海道だって同じか。

品川そして新横浜までは、遅いもんな。

今後とも東北新幹線に期待しようか。

_____ナニイッテンショネ。
posted by ミスターTR at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

スマートじゃないけどね

IMG_20170326_142236.jpgなんとか一月の間、持参しています。持参続いていますね。
腕時計は巻き付き感が煩わしく思うことしばしばで、はございましたが、

会社でははずしていることが多いですが外出の間はしている。

デジタルウォッチだい、なんていってもしゃあない時代ではありますが、

その昔はナウいんでしたがね。

針とデジタルの双方での表示があります、カシオのG/SHOCKなわけでこざるわ。

スマートウォッチでもなければ、電波時計でもないし、
ソーラー電池なんてのもないフツーのウォッチではございますが。

おーそどっくすでございますが、

なんとなく、これから長く使い携帯しそうな予感です。

お写真の、フレミングの法則を示すがごとくのミスターのポーズは、特に何も意味してはこざいません。

あしからず。

です。
posted by ミスターTR at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

耳掃除不要か

最近よく記事などで目にしますね。

耳掃除不要論議。

耳垢は掃除しなくてよい。

おへそのゴマと同様に、勝手に出ていくように、自然に任せておけばよいという。
耳垢は除去するものではなく、貯めておくもの。

耳を保湿し、良好な環境を保つ物質であるためだと。

耳鼻咽喉科の医師もその認識だという。

反対に掃除しすぎるのは、よくない。日本人はとくに注意必要だとか。
ひどいときには、頭がおかしくなるという。

耳掃除は風呂上がりの至福の一時であると認識している人は要注意。

風邪も、医者は風邪薬なんて飲まない。あれは最悪だと言いますしね。

健康、医療感覚は時代とともに変遷だもんな。

耳掃除可否良否要否、はたしてどれが正しいんじゃ!
posted by ミスターTR at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

さあ開幕は

1489979735375.jpgですがね。
日米決戦はね、まあそうですね。
勝てなくて残念とはいえ、実力もさらなりながら、情報戦でも彼のほうが、一枚上だったようだな。

いくら非力な民族の打者とはいえ、バットコントロールに関しちゃ世界一のラインナップであるからにして、
これを抑えるには相当な用意周到が必要。

いくら動く球とはいえだ、しっかりプランニングして投げ込まないと
、和製剣士たちを抑えることはできない。

まあでもロースコア。恥ずかしくないゲームができたことで球界としては、ホッとしていることだろう。

ということでクラシックが終わればいよいよ春でござる。

春といえば球春到来である。

今シーズンは、拡大BCである。
関東に新たに栃木ブレーブスが発足。
西地区は滋賀球団であるからにして、拡大,10球団なのである。

栃木はミスターのエリアにちかいのでね。
ミラターボアクセスも抜群エリアスポットである。

宇都宮はちと遠い感覚はありだが、小山や佐野の球場でもゲームが多数くまれているようで、ホクホクであるわけ。

みらくんだけでなく、えっせくんでもやってみようと、
応援ドライブが、楽しみだあー。
posted by ミスターTR at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

まー気楽にやれや、サムライよ

IMG_20170122_162234.jpgとまあー、そんなメッセージを書いてもせんないが、

オランダの奮闘は称賛だね。

プロファー、シモンズ、ボガーツなど。おそらく笑いながらやっていたことだろう。

それであの、大健闘。

ん?、違うかな?。

奴等は笑いながらやれるから、プレーできるから力が発揮できる民族なのやもしれん。

日本侍チームに笑いながらヤローゼなんていったら、たちまちにして、ガタガタになる。
怠惰になる、集中できない、散漫プレーとなる。

そうした民族が我が大和民族なのやもしれん。

そうした民族の血が異なるからにして、オランダのキュラソーの真似をしようにもできない、

笑いなどはゲーム中に持ち込めない。

笑っていてもしまけたら、成田空港で玉子ぶつけられるかもしれない。

だからシリアスであるわけだ。

明日の日米決戦は、皇国の存亡がかっている。

菅野こ肩に、一億の期待がのしかかる。

いやーたいへんだわー。

皇国の存亡、この一戦にあり。

真面目にやっとくことに越したことなし。
posted by ミスターTR at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

キンコンカンコンいつ無くなった

IMG_20170304_215840.jpgネットニュースで載っていた。キンコンカンコンサウンドが、
いつから無くなったか、というフレーズでね。

そういやそうだよな。
大学生時代を過ごした80年代後半に、家や友達のクルマではありましたから。

何kmhに至ると鳴り出したかすら、忘れている。

キンコン!キンコンというオルゴール音。

速度超過を運転者に知らせる機能だった。

追い越し車線でバンバン飛ばしていると、つねに奏でられている状態。バックグランドミュージックであった。

ミラターボの場合さどうだったろう?。

L70では115kmhでスピードリミッターかまかかりだしたらしい。
L200では、125kmhくらいでスピードリミッターが作動していたかと記憶しているが、キンコンカンコン音はなかったと思いますね。
スピードリミッターとキンコン音はあまり関係無かったかな。

両方とも速度自主制限にか んする話だから、感覚は似ているのだが、ま、違いますかね。

L700のミラターボでは、はたして
何kmhでリミットがかかるのか、わかりません。

そもそもそこまでアクセル踏んだことないですから。

もちろんキンコン音も。
こちらはもうとっくに過去の風物詩、高速道の風物詩であったということでありましょうや。

はいはい。
posted by ミスターTR at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

みらくん

IMG_20170211_135358.jpg北九州で二人の女児をのせ中年女性の運転する軽乗用車が老人ホームの壁に激突して大破。

女性と女児の一人の死亡が確認され、もう一人の女児は重体であると報じている。

映像をみていると、、ミラL700だと、ひと目でわかった。

フロントボンネットは、ぐっちゃりと、潰れていてはいるらサイドリアのウィンドウの形状やリアハッチの形とこですぐに分かりますね。

ボンネットは潰れていますが、運転席キャビンはなんとか保てているようにみえましたが、だめだったのか。

悲しくなります。

他人事にみえなくなるもんな。
同じ車種ですとね。

解説によれば、ブレーキの跡がなく、いっきに突っ込んでいったらしい。

ブレーキを踏むことすら間に合わないほどの何かが起きたのだろうか。 それともたんに居眠りなのだろうか。

慎んでご冥福をお祈り申し上げます。
posted by ミスターTR at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ああお疲れサンバ

IMG_20170222_171235.jpgですね。

今週はほんまに疲れた。たいした仕事をしているわけではないのですがね。

ちょっと風邪気味であることもしんどさを増分させている感じである。

たくさん食べなくちゃな。

ちょっと体重を気にして若干だが食事時にカロリーを控えると、やがて風邪を引き加減になってしまう。

食べれば反対に腹が出てきてしまいますしね。

悪循環でどちらに転んでも婆を引くわ。

あっちを押せばこっちが悪くなる。

2律背反といったか、間違い熟語やな。

疲れているから辞書サイトも見られませんわ。

それでもだ。

明日からの三連休は目出度い。明日は洗濯に掃除に、そして肝心の体調コンディション調整して日月は少しは行動しなくちゃね。

楽しみましょうよ。
posted by ミスターTR at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

吠えるのヤメタ

IMG_20170305_124158.jpg甲子園スピリットも、一球入魂も、もうええですわぁー。

考え方変わりましてんでん。

オランダチームのお陰です。

お陰というのも変ですが。

国を背負って一戦必勝ではなくですよ。

楽しみましょうよ、
レッツゴーショータイム、でしたら。

緊張のプレイボールでトップバッターが打席に入るや、

相手チームのキャッチャーにオーオーオーとたがいの腰をパンパン叩いてご挨拶。

審判ともヨーヨーと。

イニングチェンジで守備についたら、ニコニコ笑顔で談笑談笑?

ランナーセカンドでピッチャー交代で、投球練習のなか、

セカンドランナーとセカンドショートストップが、おーっすオーッスとぺちゃくちゃペチャクチャゲラゲラゲラゲラ。

エンジヨーイベースボールは、オランダ領カリブはキュラソーキュラソー。

同郷の仲間たちとゲラゲラゲラゲラ。

いーね、バッピーベースボール。

そんな野球、サムライジャパンにはできないね。

シリアスなプレーを信条とする国やチームでは真似できないよ。

月曜日のイスラエル、オランダ戦は、ほんまそんな明るい、仲の良いプレーヤーたちの姿に、ちょっと打たれました。

一瞬真面目にやってないんでないかとみえたりしますが、

そんなことはない。

あんな弾丸ホーマー、真面目にやってなければ、打てないもんな。

キュラソーカリビアンベースボーラー、

これからの日本の野球もそうしたエンジヨーイヤッキューを目指そうよ、

なぁーておもっちった次第でございましたわー。
posted by ミスターTR at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

今シーズンエンド2017

1489405349123.jpgサムライジャパンのスコアラーをやっているわけではないんだが、

先程まで、ドームにて、ワールドベースボールクラシックなゲームを観戦していた。

イスラエル代表対オランダ代表。

19時プレイボールであった。

当カードはソウルでの第一ラウンドで実施されたものだが、

第二ラウンドでも再戦となる。


第一ラウンドの一位二位チームの対戦としてである。

ソウルではイスラエルが勝利したが、東京ラウンドでは
オランダの大量リードとなった。


昨夜、惜しくも日本に敗れたオランダだが、今日は打線も爆発。

いやぁ、破壊力ありますわ、

12356番とメジャーでレギュラーを張る野手を揃えられているんだもんな。

そして4番はあのバレンティンさんですね。

いやはや、魅力ありますわ。

それにやたら明るい。

トップバッターはエンゼルスのシモンズ、3番のレンジャースのプロファー、

ゲーム中も笑顔を絶やさない。


野球が楽しくて楽しくて、たまらないようだね。


五番やヤンキースのショートレギュラーグレゴリアス、

ライトスタンドに豪快な一発が飛び出した。

野球が楽しくてしょうがないんだね?


対する今回のアジアグループのふううんし、イスラエル、
今日は元気がなかったね。


日本とオランダがアメリカ行きの切符を取りそうだな。

ということで、今シーズンのプロ野球観戦、今日で最初で最後とします。

あとは、独立リーグで選手を育てようと思います。

以上サムライジャパン、影のスコアラー
ミスターTRでした。
posted by ミスターTR at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

軽自動車野球だ、

IMG_20170122_130134.jpgとまあ、日曜の朝から何を言うとんねんとなりますがね。

WBC第二ラウンド開幕を控えて、ひとこと言わざるを得ないわけでござるな。

メジャーを揃えているとはいえ、やつらは、

ダンプトラック野球でえるからにして、隙はあるんだから。

日本のお得意さんの顕微鏡野球を展開すればよいわけだ。

顕微鏡野球というのは、
第2回ワールドベースボールクラシック原タツノリサムライジャパンの時代用語だ。

その遡ること半年、ベキン五輪でほ惨敗は星野仙一ジャパン。

韓国のエースサンスポー、キムガンヒョンにやられた北京をふまえて、

徹底的にスコアラー解析。
あとほひいちろーやら村田やらに、その解析結果を実行ランさせるだけであった。

試合結果はキムガンヒョンを滅多打ち。

いわゆる顕微鏡野球に、非難の声もあがったが、
なにも違反行為などしているわけではないわけで。

それだけ顕微鏡野球たる軽自動車野球が優秀であったと言うわけだ。

しかるにしね、その顕微鏡によるスコアラー解析を、ばんでんはーぐに当てはめればよろしいわけでござるわけ。

顕微鏡調査時間をぎりぎりの前夜の21時まで焦らしたミューレンさんらしいが、

解析をして、選手のハートに埋め込む時間には余裕があっただろかサムライナイン、。

頼んだぜ、恃んだぜ。
posted by ミスターTR at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ドミニカにブラジル

IMG_20170128_214204.jpg前者は野球大国。
メジャーリーガーのうち、アメリカ国籍外の出身国別で整理すると、断トツの首位となる。
だいたいメジャー登録選手の一割が、このドミニカ共和国出身であり、
アメリカに帰化したり、両親の出身がドミニカ共和国だったりする選手を含めたら、一割以上になる。

メジャーリーグ30チームで一チームあたり25人登録だから、合計で750人中、75名がドミニカ人。

とすると、メジャーリーガーだけで、優に3チームを作ることができる。

こりゃーすっげぇや。

小さな島国で、人口も少ないのにね。
そんなにたくさんのメジャーリーガーがいるなんてね。

そういやそうだ。

ブラジルブラジル。
言わずと知れたサッカー大国。

ワールドカップでの活躍はもとより、
ヨーロッパでのクラブに所属するプレーヤーはごまんといますよね。

ブラジルの場合は人口大国でもあるから、

有能な選手が輩出されるのは、理解できますか、ドミニカはすごいよな。

ちっさな国でこれだけの才能が。。。。

しかしね、それぞれ野球だけ、サッカーだけなのも現実。

ドミニカでスポーツといえば野球だけ、
ブラジルはサッカーだけ、。

いやブラジルは大国だし、昨夏には五輪も開催した。

だからサッカー以外にも競技はあるし、
選手もたくさんいるが、でもメダル数はすくなかったもんな。
開催国のメリットをいかしてもまそのレベルだったから。

一競技集中型体育国家である。
posted by ミスターTR at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

やっと代表応援慣れしたファン

IMG_20170303_093045.jpgといったところですかね。

東京ドームにつめかけたファン。
やっと代表チームへの応援に慣れてきた、という感じでございますね。

第一回の王ジャパンのときやその前の長嶋ジャパンのときなどは、まだどうやって応援したらよいのか、わかりない状態だったね。

鳴り物応援は、各チームの応援団がやっているものだし、バラバラの選手たちが混じる代表には、それようの応援があるはずだか、野球ファンには、その応援方法がなかったんだ。

王ジャパンのときは、

じゃあま、ちょっと代表らしく、ニッポンチャチャチャでも、と外野席あたりから、散発的にあったりしたが、
ノリが悪くてすぐに、しらけてしまう始末でね。

でもいまや、もうすっかり、代表応援がいたについてきましたね。

そのいみでも代表チーム常設によるサムライ化は、ひとまず成功したといえるのではないでしょうか。

さあ、じゃぁ、もうこれでオチャラケモードは終わりである。

目指すはドミニカである。

所詮カナダを撃破した映像が入ってきている?

ものすごいメジャー選手が、パワー炸裂であるね。

うーんサムライ、こんなやつらに対戦できるかね。

でもみたい、

古田さんも解説でいっていたが、

ドミニカ、前回覇者ドミニカ共和国、
みたいよ、

ニッポンvsドミニカ。
posted by ミスターTR at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

オラァーセイヤー!

IMG_20170204_173416.jpgウテェーイ、
くらいつけえーい、
中田につづけぇい、
気合いいれろー!

こんのやろーぉ!
posted by ミスターTR at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛い6失点

IMG_20170203_124840.jpgではなかったかと。

大量点をバックに則本続投で失点をやぅているということが?あまりにも重ねるパターンは小久保が何度も繰り返してきた過ちである。
なんで三回も投げさせるのか、理解に苦しむ。

おそらく、残り2戦の投手のやりくりを考えての起用なんだろうが、

そんな余裕はないぞって。

仮に二勝一敗で3チームが並んだ場合、失点や失点率で順位が決まるはずで、

ひうした場合らこの昨夜の6失点が不気味であるわけだ。

野球の価値は得失点差ではなくら最小失点で決まるからだ。

この点小久保は何も考えてないようで、わからん。

今夜の豪州戦で勝利を決められれば問題ないが、
前夜の打線爆発は翌日は、だんまりとなることは、プロ野球では、日常茶飯事だから、不気味さをます。

なんとか取越し苦労でえることを祈る。

緻密にいってくれ。
posted by ミスターTR at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

故意に敗戦

IMG_20170129_132524.jpgしているに決まっている。。

何が?って?、
決まってるじゃん、
キューバよ、キューバ。

調整とはいえ、オリックスや西武に負けていて、まさに、脳ある鷹のツメ隠し、である。

亡命選手多発により、有力選手のラインナップによわいとされているが、
そんなこたぁーないだろう。

小久保は、本戦では、あの故意負け試合の二割ましで、強振してくるだろうと、コメントしているだろうか、

五割、いや、倍にしてぶつかってくるだろう。

十分に警戒していかないと、いけない。

だからこそだ、

我が日本には、甲子園魂しかないのだ。

一度負けたら終わり、引退である。
死に物狂いでのプレーだ。

格好などは、どうでもいい。

あの白球を追いかけ続けた青春時代を思い起こせ!。

すべてはチームのため、一点のため、すべてのプライドを捨てろ!。

気合いダァー 。

ーーーーーーーーアサカラナニホエトンネン
posted by ミスターTR at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

曇りヘッドライトから

IMG_20170122_122243.jpgホームセンターで何気なく購入。

ヘッドライトをクリアにしましょうとのコンパウンド磨き剤製品。

最近多いね、この手の商品。

黄ばんでくすみ切ったヘッドライト、正確に言うと、ヘッドライトのカバーガラスの透明度の劣化問題でございますね。。

補修製品は充実の時代、クルマの運用年数が長くなり、以前よりね。

それだけ補修ギアも充実してくる傾向なのかな。

ワックス製品も昔は練りものしかなかったからね。

が最近は水ワックス系のグッズが全盛。
いろいろ時代は変化していくもんですね。

まあいいや。

戻ってヘッドライトリカバリー。

みらくんのヘッドライトプラスチックカバーガラスは、くすみ切っている。黄ばみもびっちしである、

そこでこのコンパウンドクリーナーでやってみたわけ。

でもほとんど期待してないでしたがね。

ひとまず、透明感は戻りました。

最低限の透き通り性は復活しました。

やっぱりクリアにしとかないとね、

夜間走行で安全確保面からよろしくないですからね。

また来週にでも、ゴシゴシ磨いてみよっと。

根気よく。
posted by ミスターTR at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

オヤジの星、ではないか。カズ50

IMG_20170219_095155.jpg50才で新シーズンを迎えたキングカズこと三浦和良。

さぞやオヤジの希望の星?かとでも例えられるかというと、そうでないことがなんとも、といったところだろうか。

この年でプロサッカーの現役をやっているということが?あまりにも現実離れした宇宙人的な存在であることがそうさせているのか、そう表現されることはなく、オヤジ世代としては語られない。。

この甘いマスクもオヤジと例えられない要因だろうな。

カズはオヤジ世代の夢の存在ではないんだよ。

そのいみでは残念ではある。

ーーーーーーーーナニイッテンダカ。

これが山本昌ならオヤジだし、キヨハラならオトコキヨハラと長渕にとかとなりオヤジ臭いか、オトコ臭いくなるわけだが、、カズの場合は、オトコとも語られない。

しかしながらミスター世代は、野球はキヨハラ、サッカーはミウラカズであることには疑いの余地はない。

キヨハラはクスリに散ったが、
まだカズがいる。

その意味でミスターも生涯現役である。

仕事もさりながら、ミラターボでもしかりであるわけだ。

そーなのだ。

ーーーーーーーー、ハイハイ
posted by ミスターTR at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする