2018年01月29日

おまんぷく

IMG_20180127_135301.jpgああつかれた、
ただいま、地元の民宿に戻り、たっぷりの夕食をいただいたところ。

腹がでますね、これでは、といったところ。

でもここで一気に風邪を治すことである。それか優先であるわけだ。
北日本のここ当地は、ヤフー天気予報とは異なり、雪が深くなっている。

レンタルして新型ばっそは、4駆でスタッドレス、

でもこの雪ではと不安があったか。

なんとかなるもんですね。

ミスターは雪道に慣れてないから、ノロノロでさいこう速度は50kmそこそこにしていて、
ビクビクとハンドルを握る姿勢だったから。

しかし煽られる煽られる。
地元の人は、他国のレンタカードライバーにやさしくない。

バスもすんごい。

高速も50km制限なのに、我が車を煽る煽る。

最近流行りの、煽り運転は、高速バスや、ローカル乗り合いバスの運ちゃんにも広がっているよ。

なんとかしてえな、っておもいますんな。
明日は、朝飯したら帰社予定。
雪道、慎重に運転せなばな。

油断なきように、

そして、
雪にもまけず、 煽りにまけずに。

を決めて。
posted by ミスターTR at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

昨日はのぞみ、今日は

IMG_20180107_224059.jpgはやぶさ、となっている。
昨日の間に、のぞみからはやぶさに乗り換えてしまえば、先回りできるのだが、

やはり、いったん帰りたくなるもの、

いったんリセットして次の目的地に向かいたいものだ。

業務受注件名も違いますから、乗車券を通しで買いますのも、ややこしくなりますんでね。

ということで、リセットしたうえで、現在、

隼号に乗車し、超満員であるなかで、ここしかなかった3座席側の真ん中席に落ち着けているところである。

はやぶさはのぞみと違い、全車指定席なので、使いにくい。

自由席が欲しいよ。

ま、同じ新幹線でもちょっと違いますよ、ということで。

ということで、今週末もみらくんできずであった。

ストレスがたまる一方だ。

運動不足だし寒さで縮こまりがちだし、いーこたないな。

昨日ののぞみは、米原付近の徐行があり、15分ほどダイヤが乱れた。

雪景色は、その米原前後だけだったのだが、

このはやぶさは、雪景色をもろともせずに、突っ切って切る、
雪を突っ伏すがごとくな。

翔ぶが如く、北に向かうぜ、である。
posted by ミスターTR at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ピクシスエポック

IMG_20180109_163033.jpg結局土曜日移動となっている。

昨日帰京予定だったのだが!天候と体調もあって、作業がずるずるしてしまいましてね。

それにしても、寒い。西日本への出張だが、雪だもんな。

今日は飛行機
使わず、特急と新幹線で、ゆっくり還ることにした。

んでまた明日から出張なんだよな。今度は寒い寒い北日本にね。

ありゃりゃ。

今般の出張先での移動用レンタカーは、ビクシスエポックでありましたことが、少しリラックスでありました。

雪道を予想して、ビッツのスタッドレスを希望したら、
すいませんが、ピクシスエポックならスタッドレス提供できますと。
全然すいませんじゃないですよ、っと。

新型を期待しましたが、残念ながら旧イースの後期型でしたね。
前バンパーに、フォグの穴の空いているあれね。
走りは完全に現行モデルのほうがよいと、
つまり、旧型は、燃費に特化して、燃費以外は何も考えていない、とのレポートが多いが、

ま、今回の走行インプとしては、

そんなことなく、

いい走りが出来ましたよと、

思いましたよと、
書きたいところで、

ございましたよ。
posted by ミスターTR at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

梅雨明け対大寒

IMG_20180116_095332.jpgちょうど半年の違いだもんな。

大寒で、平成に入って最強の大寒パが、列島を包み込んでしまった日本。

どこを向いても、寒い寒いとの声しかはけないような、状況に陥っている。

ま、最強かどうかはともかく、この季節は致し方なしではなかろうか。

なんつってもこの1月の20日代といいますのは、
海の日の正反対なんだからな。

7月の20日代に例年梅雨明けの最頻度値日程を海の日としている、我が国。

それまでの梅雨のじとじとをいっそうした、かんかん照りの猛暑が始まるのだから。

この日を境にね。

冬日の日とかでも設定しておけば、いいのかもだが。

ちょうど猛暑開始日と今週は正反対な日々。

それにしても!ニッポンへ厳しいよね。
posted by ミスターTR at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

体調崩れ気味のなかで

IMG_20171114_150429.jpgさきほど、飛行機を降り、JR特急に乗車しているところだ。

体調が思わしくないのだ。
年に一回くらいは風邪をひくのはやむなしだが、

何とか悪化を防ぎたいところだ。

なんつっても客先への出張なんだしな。

そしてこの寒さ、冷え込みが、追い討ちをかけているよう。

明日は具合が悪くとも、元気な表情で対応が必要だ。

でもこの状況、ちょっと自信なくなってきた。

明日に備えてホテルにチェックインしたら、すぐに眠りに付かないとな。明日が怖いから。

鎮痛薬飲んどかんとな。
posted by ミスターTR at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

重い母対応要だ

IMG_20180116_103017.jpgミスターは腕力無しオトコ。
パワーはありません。

健康診断の握力は、35kgくらいかな。正直筋力乏しく、ひ弱は否めない。
筋トレなども根性なく、やる気ない。

しかしそんなこともいってられなくなってきた状況にある。

ははが、年老いた母が重いのだ。

果たしていま、母の体重がどのくりいなのか、不明ではあるが、

推定で、60kg超といったところであろうか。

重いのだ。

このところ、自宅内で母を支える機会が多くなった。

座った体制から、立たせるときや車イス、エッセくんに押し込む際などは、

ホボ母の全体重を預かる機会も増えてきた。

そうすると息子であるミスターは、非力だひ弱だ、だの言ってられなくなってきた。

母の安全が自身の体に委ねられである。

筋トレは嫌だが、自重トレーニングを取り入れていこうと思う。
明日からやろう。

スクワット。

そして目標は、母のお姫様抱っこである。

母をお姫様にしても、ではありますから、

腕を鍛えないとな。

ぐいっとね。

母で練習しておけぱ、本番にも生きてくるだろうから。

活かしていきませんとね。
posted by ミスターTR at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25万人免許返上偉いな

IMG_20171230_215855.jpg先ほどの正午のニュースでやっていた。
昨年度、75才以上のドライバーのうち25万人が運転免許証を返上したとのこと。

偉いな、よくわきまえた真摯な人が、返上手続きをされているんだなと、感心した。

そしていっしょに見ていたミスターのオヤジなのだが、
どうよ、と振る。

まったく関心がなく、
アホや、わしゃ大丈夫や、事故なんか起こすわけがない、。

と宣って、非常に不機嫌となる。

高齢ドライバーの事故が多いこと。リスクが高く、迷惑をかけること、せめて昨今のプレーキアシストなどの装備された小型に乗り換えてもらいたいが、

まったくおくびに見せず、旧態オヤジセダンに固執する。

ニュースは続ける。

少しでも運転に不安のある人は。免許証返上の検討を勧めている、
としている。

これは間違いだな。
運転に自信のある人間こそ危ない。

怖いもの知らずのトンチンカンジジーとなっているわけだから。

自信がない人は得てして、
慎重な人。

だから、正確に報道してもらいたいのだ。

運転に自信のる老人ほど、無頓着になりやすく、事故リスクが高まる傾向であることを。

しかしな、どうしたら、高齢ジジーのセダン運転をやめさせることができるのだろうか。
posted by ミスターTR at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

お声かからんおとこムラタ

IMG_20170128_215409.jpgは、なんとも不思議なところだな。
まだまだ力があり、長打も健在。
下手な未知数な外国人選手を調達するよりもずっとリスクはないはずなんだが。

12チームとも申し合わせたようにオファーせずな様相。

なんでやねん、だよな。

どうしてこうもジャイアンツは移籍や移入選手に冷たいのだろうか、はともかく、

ダメだね。

やはりあのムラタのすといっくに過ぎるキャラクターが敬遠される要素なんだろうがね。

チームの輪に入れば、問題ないはずだし、あのバッチィング技術は若手育成の手本になる。

でもあれなんだな、性格。

プロ野球の選手は実力だけでよいように思いますが、

人間関係の要素も強いんだね。

最近の報道では、本人は独立リーグも考えているだとか。

そりゃーないだろ。

独立リーグなんかにいったら、ダントツの三冠王だろ。

尤もモチベーション維持がしんどそうだが。

ジャイアンツさん、今一度村田にオファーで返しましょ。

ジャイアンツよ、オトコになろう!

????。
posted by ミスターTR at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラナウエー

IMG_20180116_102917.jpgですかねぇー。

久しぶりに窓側を予約したので、光景がわかりましたよな。

飛行機の場合、だいたい通路側から予約指定が埋まっていく感じだもんな。

これが新幹線だと、2座席側の窓側から埋まっていく。

列車だと窓側から、航空機だと通路側から、
が人気の順番なのだろう。

これには、シートピッチがものを言っている。

と思う。

窓側ですと、
ちょっとすいませんと言い、通路側の人の膝小僧を擦りながら、座席に至らなくて日ならない。

以前よりもピッチは広がってきてはいるが、
新幹線からみれば、まだまだ狭いもんな。

ということで、やむなくミスター、 窓際となったんだが、羽田空港だ。

ナンバーフォーラナウエーから飛び出した機体は、上昇しながら、右旋回。

飛びだったラナウエーを眼下に展望する。

不休のラナウエーである。

これが拍車となり、世界でもユビオリノ発着数を誇るようになったはずだな。

日本全国いや、ソウルや上海などふくめ、日帰りコースとにったわけだ。
いーことなのか。そうでないのかね。
posted by ミスターTR at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

ちょい遅首都高

IMG_20180101_185658.jpgバスに乗っている。この時間帯だから、早いだろう。

夜遅い便で東京に戻ってきたところ。

あまりやりたくないが、日帰り飛行機出張であった。

ちょっとな。

あんまりやりたくない。
飛行機運賃は高いですから、一日にして、何万も使うのはね。

それなら一泊入れてもう少し出張全体として充実させたいが、
この報告と検査的な業務以外にさしてやることがにい。

することしたら、帰るしかない選択肢だもんな。

ということでいま、リムジンバスに乗車中だ。

首都高の箱崎から六号に入るはさずだが、どういうルートになるのかな

お恥ずかしながら、羽田空港からリムジンにのったことは、ほとんど記憶にない。

だいたいモノレールか京急、でその比率は7対3くらいですから。
リムジンは時間が読めないし、トイレにもいけないから。

それに運賃タカイシネ。

でもこうして乗っていまして、首都高をぐりっと、オレンジの街灯の光の中を回転してますと、なかなかにして、

快適ですこと。

ああ疲れた。

帰ってちょっと口に入れるもんは入れて、

シャワーして寝よっと。
posted by ミスターTR at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮眠シェアか

IMG_20180116_101830.jpg読書、避暑避寒も、だとか。

本来の移動手段とは異なるカーシェアリングのニーズだとかね。

クルマを借りて、お出掛けするために、レンタルする、あるいはもうひとつの手段として、
カーシェアリングが利用できるわけだが。

移動や運搬手段として利用するだけには留まらない。

なんと居眠りに使うだとか。

寝るなら家で寝りゃいいじゃんと人くくりにはできない。

クルマの中で睡眠を稼ぐわけなのか。

クルマを借りて、通りに出し、適当なスペースにクルマを入れる。

エンジンを切りシートを倒して、
お休みなさい、

モードに入るわけか。

幸せだね。

確かにミスターもみらくん内で居眠りはある。

たいがいはコンビニコーヒー持参して、ちびりちびりとやりながら、活字を追うも、
やがて本が顔に落ちてくる。

いてっ、と何度かやるうちに、
お休みなさい、モードとなる。

ふうっと目が覚めるや、

なんだ!、いったいここは、どこなんや、自分はどこで寝とったんや?となるも、

意識を戻すにつれ、

ああここはみらくんの中だね、と理解するに至るわけだ。

みらくんにとは別に、カーシェアリングは、
居眠りシェアリング以外に、

避寒避暑目的でのレンタルやカラオケルームとしてのレンタル目的もあるらしい。

世の中どの分野でもダイバーシティだな。

そう思いますね。
posted by ミスターTR at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

銀行リストラね

IMG_20171113_111241.jpg朝刊のトップ記事が、銀行員の退職希望の増加との報道。

ま、そうだろうな。
先にメガバンクがこぞって長期リストラ計画をプレスしたからね。

超長期超低金利政策が続いてますんでね。

手数料だけでは先細り、
投資信託では、あなたの資産が増やせますよの盛んの換言も、効力を失ってますんでね。

高齢者の貯蓄プランをどんだけ阻害させたかね。

銀行だったら大丈夫だとかで騙されますから。

そもそも銀行員の給料が高すぎる。

なんで金貸し業にそんなに労務価値があるのかわかんない。

国際競争力に貢献してないもんな。 そんな銀行業界に優秀な学生が押し寄せるなんてのは、一寸見、

滑稽だよ。

優秀な脳みそは、もっと国の発展、産業界に役立つ生産活動をしてもらわなくては。

バブルの時は土地売買に精をだし、不況になれば、融資回収に勤しむ。

中小の企業の経営者をどんだけ追い詰めたか。

経済の潤滑油も、企業内部留保がこんだけ膨張したら、寄与せんもんな。
国の経済に効かないな。
posted by ミスターTR at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老老介護しようかな

IMG_20171220_164645.jpgアラフィフ?となっていることもありまして、終活?もかんがえるように、
いやまだ早いですね。

が?でも、遅いことはないからな。

会社やめて何するか。だからな。

その頃はもう、みらくんもないし。な。
あってももう、乗る体力がないだろうし。

壮年暴走族志向もないですし。
もともと暴走してないし。

ま、それでもいくつかあるうちの、1つが、

老老介護ボランティアかな、っとね。考えるようになりましたかね。

現在の親の介護経験をいかして。

初期高齢時代の70才前後で、やるとかね。

フルで働くのは無理だが、
日数や時間限定でね。

施設に行ってお手伝いとかだ。

ミスターが、70前後のときは、団塊世代がわんさと施設に押し掛けて、設備も人手もパンク状態になっていると、容易に予想されるわけで、

厳しい福祉状態だろうなと。

若い世代も頑張るだろうがやはり若い世代は国際競争力に効いてくる職業についてもらわないと、国の国益なんかを考えると、
社会経済としてはつらいよね。

だからというわけではないが、老老介護が考えられる。

曜日を決めてお手伝いにね。社会で支えあわなくちゃね。

そんときは、そのときはもう亡き母を、

思い出すかも。
幸せだな、と。
posted by ミスターTR at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

さりげなく軽自動車

IMG_20171230_101318.jpgが出てくるもんな。

最近、伊坂氏の小説を読んでいる。

独特の語り口は、ちょっと現代流過ぎるのか、

いまいち、着いていけない。
ナウすぎて、かな。

が、ま、なんだか、ちょっと面白い。たまにちょっと読んでみるのがいいのかなと。

氏の作品は仙台を舞台にしたものが多いようだ。

そしてときおり、出てくるのが、軽自動車。

「そこに軽自動車が停まり、運転席から〜が降りてきた」
みたいなね。

なかなかないもんな、軽自動車云々との表現はな。小説にはね。

日本人の生活には欠かせなくなった軽自動車だが、案外出てこない。

電話シーンが、昔の小説で
は、家庭の電話機だった。公衆電話とかね。

今はもちろん、ケータイだし、数年前から書かれている小説は、スマホとなるだろう。

電話が固定かケータイかスマホかで、その物語の時代背景がわかりますね。

とすると、ケータイと同様に生活用品のクルマである軽自動車は、もうちょっと、出てきても、描かれてもえーように、思いますが、案外目にしないもんな。

その意味でも同氏の小説は、新鮮だな。
ーガソリン生活ーを読んで
posted by ミスターTR at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文高理低危機?

将来の日本を背負う次代世代として注目されるのは、
やはりこの時期。

雪国での電車の立ち往生だとか。ちょっと気の毒な天候でもあったが、

気になるのは、文高理低傾向と言わざるをえない。

政府が今後の国際競争力のキーとした、理系教育の拡充やシフトと逆行するような現象であるなぁ。

皮肉だもんな。

地方国立大学などは、教育学部の定員減らしと、工学部の定員増で準備しているのにね。

文系ですと、あまり商品力、とりわけ技術開発商品やサービスに結びつかないからね。

なんでも、このところの就職状況の好転が、
文系でも就職に心配無しに、繋がっているんだというね。

しかしこれでは、いくら定員を増やしても理系には質の高い学生や社員はこないことになっちゃうね。

ま、理系学部を出た所謂技術社員でも、

技術の仕事をしていない人間が案外大半だったりするもんな。

みんな電話、メール仕事ばかりやっていて、

肝心の技術商品開発に邁進している社員は少ないのではとも思う、

技術工学部出の社員の多くが、技術仕事を敬遠する傾向も目につく。

公務員の技術社員なんて、文書しか扱ってないようなもの。

やはり理系ものは難解なものがあり、理系卒社員でも技術仕事を忌避するもんな。

文書のほうが楽だしね。

これには昨今の、やたら文書文書な縛りも、障害となっている。
十分な時間が充てられないこともあるんですが。

また、マネジメント、リーダー育成志向も、過度に過ぎる。
これも、純粋な技術仕事を回避している手段にになっているのではないかね。

やっているのは選手であって、監督ではないんだけどな。

そういう意味では、高度プロフェッショナル技術は掛け声では、いいのだが、高度プロフェッショナルエンジニアの待遇を落とそうとの動きであり、
技術の仕事をしていない、マネージャー人間を優遇するばかりになっていることも、あきれる。

これも、いわば、社会の文系志向なんだと解釈できるんじゃないかな。

技術力を軽視しているニッポン、
わからないのかね、ニッポンは。
posted by ミスターTR at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石炭もな、やめなくちゃね

IMG_20170724_092022.jpg温暖化対策の足を引っ張るのはトランプさん御一人な世界情勢。

しかし、そのアメリカも、国内ではCO2削減策は進んでいて、トランプ顰蹙はあまり影響なさそ。

圧倒的に広い国土を活かして風力や太陽光を設置へはんぱない。
そして二酸化炭素の地中隔離だ、
適地がわんさとありますから。

だからトランプが足を引っ張っても、国民社会経済レベルては、温暖化対策は進んでいく。

もっとも、
人口が多い上に、一人当たりの排出量が高すぎて、削減が容易だからときうこともありますがね。

翻って我がニッポン。
情けなや、

しかし九州では太陽光の設備規模が相当に上がってきているらしく、晴れの日で日中に太陽光発電量が一斉に上がってきたとき、
火力発電量を落としているらしい。
そのような話を聞きますと、おー、いーね、と感じます。

が、でもまだまだ、火力発電をつくるという、
島根県で電力会社が石炭火力発電所を建設予定にたいして環境大臣か、待った。
トーゼンでしょ。
安倍さんのジェスチャーでないことん祈りたいがね。

得てして再生可能エネルギーは新エネルギーであり、技術革新が必要。

石炭火力は従来技術だもんな。
これに拘っていれば、
国の発展はない。

効率くらいじゃね。

原子力とならんで、石炭火力の海外支援など、何やってんねんて、思いますね。
posted by ミスターTR at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言わばイージスシステムカー

IMG_20171125_211553.jpgだろうかね。
前方のヒトやクルマを検知して、ブレーキアシストなど、ドライバーを補助する機能ってね。

基本的に前に進むのが、メインのクルマだから、特に前方の進む方向のブツを検知。
それもひとつの物体だけでなく、前方に潜む複数の障害物に目を配るような感じか。

最近のクルマのことね。
ダイハツもミライースやムーブ初め、各車種に展開しているようだ。

まるでレーダーみたいだよな。今で言ったらイージス艦かな。

自艦にこうげきしてくるミサイルを同時に検知して、対応の優先順位を即座に決め、迎撃ミサイルの発射をそれに応じてコントロールするわけでね。

高齢者ドライバーが増えているのに対応。

まだ生きているミスターのオヤジなんだが、なかなかクルマの運転を止めようとしない。

はよ引退しろと良い続けているのだが、息子の言うことなど、聞くわけないね。

事故、とりわけ加害事故はやめてもらいたいから、

運転を続けたいのなら、せめて

イージスシステム付きのクルマに乗り換えてもらいたいのだが、
それも聞き入れない始末。

どうしたらよいのだろうね。
posted by ミスターTR at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

追憶、ホワイトみらくん

IMG_20171231_123325.jpgうれしいよね。
まだ走っているだなんてね。

ああ、もうどのくらいになるだろうかね。君に出会えたのはね。

ああそうだね、26年も前になるんだね。。

もう、そんななるんだね、四半世紀以上も前なんだな。

感動したもんだよ。

ハンドルを握ったその時から。

いや、正確に言うとすぐではなかった。

手に入れてからちょっと経ってからだった。

翌日からだったかな。

しっくりきている感じがね。腰〜背中〜首〜腕、〜ステアリング。

そして、路面から伝わる、スプリング、ボディのしなりを通してミスターのボディに響くそのみらくんの鼓動が、
ミスターの周波数に合致していたんだな。

この一体感、グッドハーモニー。

手放したのは95年秋。

わずかのお付き合いだったが、ミスターの以後のミラターボによる戦いの、
日々が、切って落とされた名車であったといえようか。

もしかして君は、
あのときのきみなのだろうか。

ユーザーを跨いでまたいで、巡り巡って。そこにいる。

もしかして、ぼくに会いに来たのかな。

懐かしさを込み上げるように、
サイゴニ、

僕の前にその姿を表したのかな?
会いたかったから。

ありがとう。

でも、

いや違う。

カロッツェリアのスピーカーの型は、そういうのではなかったから。

でも、他はいっしょ。

ホワイトの純正ホイール。
4AT、など。

もうすでにこの世にいる可能性は、極めて少ないだろうが、
もしかして。

もしかして。

スピーカーは以後のユーザーが、交換したのかもしれないしな。

写真で残すことの趣味はあいにく持ち合わせていない。。

だから、当時の往年の姿を示す画像がない。

今のようなケータイ、スマホ時代でもなければ、

ブログもなかったからな。

今のミラ君は、

露出し過ぎだよ。

当時は記録環境が、貧しい時代だったから。

でもミスターのココロには、しつまかりと刻まれている。

かわいくってかわいくって、しゃうがない、

L200みらくんと、

過ごした日々を。
posted by ミスターTR at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

まあ満足に

IMG_20180101_102854.jpg終わるようであるこの年末年始休暇でありましたかね。

仕事初めの4日と5日はきちんと出勤しましたが、

気分的には今日の成人の日の連休も含めて、年末年始ウィークとなりますものね。気分的にはね。

この間、注目のミラ君につきましては、オール日帰りではありますが、5度のドライブを含め5百km あまりほど、走行を楽しめたんでね。

由とせねばならんでしょ。

こんだけ乗れたんだからね。
この制約生活のなかでですから。

マイ茨城ブームに則ってですね。

特に最近は初めて通る経路でも、夜間でも安心のネットナビルートに検索時代なもんだから、

夜間もぶっちぎり。
自宅からそう遠くないエリアでも、
え?!というようなるーとを選択してくれる。

面白いったらありゃしない。新たな発見もよろこばせてくれるのだ、。

さて来月は点検だ。
ちゃんと?予約しとかんとな、

ルート選択で狭い道路を走行することが多く、

そんな道は得てして、ガッタガタ。

路面に補修跡で、みらくんの走行はきりもみ状態となるし、

マンホールなんかも浮き上がっている。
マンホールが浮き上がっているのでひなく、正確には、、マンホールの周囲の路面が沈下しているのだとおもいますが、

そんなマンホールを、蹴飛ばすように、いきますんで、

必然的にみらくんの下回りは、悲鳴をあげてますんでね。

過酷な走行とも言えますんで、

よく点検しといてもらわんとな。
posted by ミスターTR at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

冷気圧低下だな

IMG_20180101_185524.jpgみらくんとえっせくんにスタンドにて空気圧いれました。

空気圧入れるってへんないーかたね。空気入れました、でいいのかな。

両車とも、
キクンが、3,4回あり、それも4輪ともです。合わせて8輪ともで、した。

キクンキクンキクンキクン、で高止まりとなりました。

8輪とも空気がぬけていたかな、と。思いましたが、そんなこたないわね。
それは間違った理解でありそうですね。

冷気だと思うけどな。

やっぱりボイルシャルルドゴール
の法則で、気温がいっそう下がったことで、

空気圧がさらに下がったらということになるわけ。

だから、四輪とも、そして八輪とも同じように、さがってたわけでら

キクン×4となったわけだ。

空気圧はタイヤのですが、秋から冬にかけて、段階的に低下する。 のため、スタンドで空気を入れる。

一方、冬から春、そして夏にかけて、空気圧は維持される。

そのため、あまりバキュームにはお世話にならない。

いや、バキュームではない、コンプレッサーにはね、だ。
posted by ミスターTR at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする